春の人事移動に朱里ちゃんを思う

AKB単独コンサートで、春の人事移動についての発表がありました。

 
私の応援している朱里ちゃん、ただ顔がタイプという理由だけで最初好きになって、共和国の劇団四季企画でがんばり屋さんな性格も好きになって、文章のセンス、熱い気持ち、などなどどんどん良いところが見つかって気付けばどっぷり好きになっていた。
 
AKB内でも高みなに聞く耳を持ってると評されて、由依ちゃんゆきりん...と、めきめき先輩から信頼を獲得していってる朱里ちゃん。朱里ちゃんを見ていると人間は変われるんだ、人間ってすごいんだなあと思う。
 
ただ顔が好きなだけの子が、内面こんなに素敵だったなんて、人間どんな素敵なところがあるか分からないもんだと、本当に顔が好みでよかったと朱里ちゃんの素敵な内面を垣間見るたびに感謝しています。
 
 
そんな朱里ちゃんは昨日行われたヤングコンサートでも円陣を任されて、気付けばスタッフからの信頼も厚く「ジキジキソー」なんて周りからちゃかして呼ばれているほど。もうびっくりだ。
 
こっちが応援していたつもりだったけど、もう置いてかれないようにしないとな〜と思っていた矢先に、今日の人事発表で、なんと朱里ちゃんはチーム4のキャプテンに任命されました。
 
大島涼花ちゃんが、チームBの副キャプテンになったところで、これは朱里ちゃんまさか...??と思ったらやっぱり朱里ちゃんの名前が呼ばれて。
 
発表されてチーム4のプラカードに向かって花道を歩く朱里ちゃんは泣いていた。きっと仲間思いの朱里ちゃんはチームBを思って泣いていたのかな。
 
チーム4はみぃちゃんと13.14期の若手メンバーで作ってきたチームで、昨年の大組閣でも他のチームに比べてあまりいじられなかったぶん、きっとファンの人もメンバーもとっても愛着があると思うの。
 
そんな中で朱里ちゃんは外様のキャプテンとしてみんなをまとめなくてはいけない。しかもまだ朱里ちゃんは17歳。
 
新しくチーム4になったメンバー達も浮かない顔で花道を渡ってきた子が多かった。
違うチームの人がいきなりキャプテンになって、しかもあまり年齢も自分と大差なくて、他のチームはそうそうたるメンバーが集まってるのにと考えると、朱里ちゃんのことを信頼していたとしても不安になってしまうのは当たり前だと思う。
 
そんな中で朱里ちゃんがキャプテンをやるということは、チャレンジングで、やっぱり心配になる。大丈夫だと思うんだけど、大丈夫かなあって。
 
朱里ちゃんを心配するのはそれだけではなくて、川栄りっちゃんの卒業発表。一番仲良しなりっちゃんの卒業。
 
握手会に出れないならAKBにいることを受け入れられないんじゃないかって、きっといっつもりっちゃんは心配していて。みんなからの慰めや批判に心を痛めて。
 
りっちゃんには、アイドルとして笑っていて欲しい。そうしてへっちゃらにすることで、何か、悪は善に勝つんだというみたいなことを証明して欲しいって
勝手だけどそう思っていました。
 
女優さんになるという夢のためとりっちゃんは言っていて、実際もそうなんだろうけど、
でもやっぱりあの事件が無ければと思ってしまう。
私にとってアイドルは人間の良いところを信じられる領域で、そういうアイドルを傷付けた、何の落ち度もない女の子を傷付けたってことがあまりに悲しい。
 
 
 
りっちゃんの卒業に悲しみながらも、新たにキャプテンを務めるチーム4のメンバー達によろしくねって言ったんだろうな朱里ちゃん。
 
ああ17歳がこんな思い負担をしょっていいのかなと思うけど、 
 
でも、運営が本当に若い子だけのチームを作りたいという時に、朱里ちゃんがキャプテンに選ばれたったていうのはめちゃくちゃ、すごいよ。
 
朱里ちゃんはこんな激変の後、いの一番の投稿で、まずファンに対してありがとうと言ってくれる。なんてすごいのじゅりちゃん!
 
真っ直ぐて熱い心は最後には勝つんだと思うから、上下関係だけでない、切磋琢磨しながらやんややんやしながら、朱里ちゃんなら良いチームを作れるんだ!ってそう思ってる。
 
朱里ちゃんが今後どんな変化を見せてくれるのか本当に楽しみ。
 
 
 
 
 
 
組閣で嬉かったのは、みるきーのチームB兼任復帰!昨年の春コンではみるきーの選抜入りにブーイングが起きてたけれど、今日の発表では人一倍の歓声が上がってて、ああ許されたんだなあと嬉しくなった。
 
きたりえがNGT移籍、イベントで見るきたりえはいつも明るく振舞っていて見るたびに好きになる。すっごいかわいい。
この頃選抜にも入らなくなっていて、迷っているようだったりえちゃんに、私はこの話嬉しい。その後にりのりえで肩組んでいたのもとんでも嬉しい。頑張ってほしいなあ。